第五回「TokyoNoel 的四畳半クッキング」- 自宅でサングリア1 –

どうも。お酒が好きな安達です。成人の皆さんはどんなお酒が好きですか?私は何でも好きなのですが、特に好きなのは芋焼酎ロックです!焼き鳥のホルモン系と一緒に頂くのが最強に好きです。そんな私ですが、ホームメイドなお酒もこれ中々に惹かれるものがありまして、ついつい仕込んではお家にストックしてしまうのですね。お酒には、肉類を柔らかく焼き上げる効果があったり、風味づけに活躍したりと幅広く使えるメリットがあります。飲むのもよし、また飲むのもよし、結果全部飲んじゃうもよしの、フルーティーな赤ワイン『サングリア』を紹介致します。
今回ご紹介致しますのは、赤ワインを使ったサングリアです。もう少し暑さがピークに差し掛かったら(というか私が飲みたくなったら)白ワインのサングリアを仕込む予定です。ふふふ、楽しみです。もうお気付きかと思われますが、私のアップするレシピというのは『the 庶民』的極まりないので、お気軽にチャレンジしてみてください(笑)先に言っておくと、このサングリア、赤ワイン1500ml分です。どんだけ飲むのよー。。。多いなーって方は、半分量で作ってみてくださいね。

image

 

1.  用意する果物は、バナナ2本、林檎1個、オレンジ1個、レモン汁大さじ2杯。果物はそれぞれ皮をむいて、細かく切っておきます。レモンは果物のまま1個輪切りにしても良いです。その場合は、ワックスが気になると思いますので予め塩を少量擦り込むようにして皮ごと洗っておきます。

 

 

image

2. 綺麗に洗った大きめの瓶に、1を入れます。なんてったって今回は赤ワイン1500ml分ですからね。私は冷蔵庫の中の段をひとつ抜いて仕舞っております!紙パックの安いものって大きいですもんね。近年はコンビニにも、750mlの安くて美味しいワインも揃っているから便利。(それでも1500ml仕込む安達)

 

 

image

3. こちらは火にかけるチーム。赤ワイン1500mlのうちの100ml、ブランデー大さじ4、はちみつ約大さじ8を用意します。・・・やっぱり多いんだってば、はちみつ大さじ8とか瞬殺でなくなるじゃん、などと作りながら思ってました。でもこれが美味しいんです!

 

 

 

image

4. 3を火にかけます。沸いてから弱火で1分そのまま。こうすることでブランデーとはちみつが、量の多い赤ワインとすんなり混ざってくれるんです。

 

 

 

 

image

5. 2の瓶に残りの赤ワイン、4の順で入れ、一晩置いたら完成です!冷蔵庫で保存して、一週間くらいで飲み切ってくださいね。シナモンスティックとかいれるのもメジャーな作り方ですし、色々な果物でお試しくださいませ★

 

 

 

 

とか、サングリア飲みながらの更新でした。今週はちょっとお仕事が立て込んだため、一週間で飲み切るどころかあと半分は残っているという(震)料理にも使うなどして、傷まないうちに頂きたいと思います。

ちょっと内輪的なお話をすると、前投稿のニコラスケイジ的なポケモン御一行がですねぇ、当投稿の画像を記事に追加する度にモニターに現れるんですよ(笑)もうなんか見慣れちゃった自分がいやんです。洗脳されそうでね。。。あ!そうそう、飲みすぎちゃった時はこちらの記事をご一読くださいね!参考になりますよ~。

というわけでー、次回TokyoNoelのライブは、7/29(金)渋谷TAKE OFF7です。この日我々の出番は19:00を過ぎたころでありますので、ご参戦頂けると幸いでございます!宜しくお願い致します。それではまた!

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。