巨大オルゴールの奏でる音楽が、見た目に違わず壮大だった

スウェーデンのバンド”ウィンターガタン”が開発した「マーブル・マシン」。2000発ものビー玉を人力で循環させ、埋め込んだ鉄琴などに落とすことで音楽を奏でるという、巨大なオルゴールのようなこの壮大な装置。一体、どんな音がするんでしょう?

 

 

 


Wintergatan – Marble Machine (music instrument using 2000 marbles)

 

 

まさかのドラムの音やらベースやら、全パートをコンプリート。1曲まるっと完奏しちゃうやつでした。オルゴールというより、アナログ手動ループサンプラーとでも呼べばいいんでしょうか。すげえ。

今回のネタは友達のバンド、J.P.NAYUTAの宮坂くんが提供してくれました。彼曰く「君(筆者)ならこれに近いやつ、作れるんじゃないかい?もしくはもっとすごいやつ。」とのことですが、ムリです。作れません。

日本の大手ネットメディアでも紹介されていたので日本からの再生が多かったのか、ウィンターガタンのニューアルバム「ウィンターガタン」日本版は豪華DVD付きらしいよ!
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FSMQ1HG

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。