最新の記事

精巧、精密、超リアルなミニチュア廃墟が出現

前回の記事に引き続き、廃墟ネタ。だけど今回は残念ながら、どう頑張ってもその廃墟の中を歩くことはできません。アーティストコンビのNix+Gerber が、それと言われなくちゃわからないくらい、超リアルなミニチュア廃墟をビルドアップしたようです。世紀末ヒャッハー的なものが終焉を迎え、静寂と、人の営みの残滓だけが取り残された耽美な部屋を眺めながら、時折ミニチュアであることを思い出しては目を疑ったりしてみよう。

続きを読む

レッツ、デカダン!廃墟探訪inヨーロッパ

フランスのフォトグラファー Romain Veillon 氏が4年の歳月を費やして、ヨーロッパ各地に存在する打ち捨てられた建造物を写真に収めといてくれたよ。その耽美的な世界観は、あたかも明晰夢でもみているかのよう。ブルジョワ衰退、からのデカダンス主義、みたいな。ってなかんじで、みんなでソドミーなお散歩と洒落込もう。

続きを読む

ドクロ型目玉焼きで楽しい朝ごはん!の、はずだったが…

こんな感じで、目玉焼きができたら朝ごはんが楽しくなるね!

なんつって買ってみたはいいものの、焼き方がまずかったのか何なのか、なんだか別の物体に焼き上がってしまったお友達がいるようなので、ご覧くださいな。

続きを読む

いろんなモノを-195℃で超冷凍してブッ壊す実験

(以下意訳)みんなは、ハンマーで南京錠が粉々に砕けるところ、みたことあるかな?この映像を見ればみんなも出来るようになるよ。約75リットルの液体窒素と、好奇心に抑制が効かないスタッフのおかげでね。液体窒素はファンシークッキングや、イボの除去、それからナイトクラブのスモークなんかに使われているんだけど、今日はいろいろな物体を液体窒素に沈めてからハンマーで思っクソぶっ叩いたところを、スーパースローカメラで撮ってみるよ。

続きを読む

マヨネーズ、かけるベーシスト。あらゆる物体は楽器になり得る証明

さて、問題。ベーシストにマヨネーズをかけたら、どうなると思う?ヌルヌルになる?怒りだす?はたまた、美味しく食べるための下味がついちゃう?この、新たに見出された哲学的命題に、ひとりのベーシストが解答を発見したもよう。答えは「ファンキーなグルーヴがうまれる」でした。マヨラーを垂涎させ得るスラップ・プレイなんてものが この世に存在するとすれば、それができるのは世界にDavie504唯ひとりだし、また今臨在、誰もやろうとしないであろう空前絶後の本チャレンジ。見ても見なくてもいいと思いました。

続きを読む

産まれたてホヤホヤのウミガメを催眠術にかけて身体測定

Joel Satore/National Geographic Ark
(以下意訳)ウミガメの赤ん坊は元気のかたまり。砂浜の巣に産み付けられた卵から孵るとすぐにジタバタと這い出し、我先に、と海へ泳ぎだします。この慌てふためいたような行動は、捕食者から彼ら自身を守る為に一役かっているわけですが、この習性が海洋生物研究者にとっては頭痛の種。小さなカメ達の身体測定を行なう際の、非常に悩ましい問題だったんだそう。

続きを読む