産まれたてホヤホヤのウミガメを催眠術にかけて身体測定

Joel Satore/National Geographic Ark
(以下意訳)ウミガメの赤ん坊は元気のかたまり。砂浜の巣に産み付けられた卵から孵るとすぐにジタバタと這い出し、我先に、と海へ泳ぎだします。この慌てふためいたような行動は、捕食者から彼ら自身を守る為に一役かっているわけですが、この習性が海洋生物研究者にとっては頭痛の種。小さなカメ達の身体測定を行なう際の、非常に悩ましい問題だったんだそう。


“We often heard about novice researchers dropping hatchlings,” says Mohd Uzair Rusli, a biologist at the University of Malaysia Terengganu in Kuala Terengganu. A drop in the lab from table height can be deadly, damaging their fragile internal organs.私たちはしばしば、新米研究者がカメの雛を落としてしまう事があると聞きます。マレーシア トレンガノ大学の科学者、Mohd Uzair Rusli氏は、そう言う。研究室のテーブルの高さから落下すれば、カメにとって文字通り致命的です。身体の内部までダメージが及んでしまいます。

Mohd Uzair’s team studies how hatchlings use their energy reserves while they escape their nest. This information is important for improving conservation practices, but to get this they need to be able to measure young turtles.
Many animals, including rabbits and sharks, will temporarily freeze as if hypnotised when flipped onto their back – a condition called tonic immobility. But this does not work for baby turtles – when you flip one over, it will frantically try to right itself.Mohd Uzair氏のチームはこの、ヒナが巣穴から這い出す時のエネルギーを抑制する方法を研究していました。これは環境保全活動の質を向上のための一環であり、若いカメの身体測定をする上で重要な情報です。ウサギやサメを含む多くの動物は、身体をひっくり返すことで一時的に大人しくなります。この状態を「トニック・インモビリティ」と呼びますが、この方法はカメの赤ん坊には通用しません。やってみると、必死で元に戻ろうとして暴れます。

To take simple measurements like weight, most researchers put the hatchlings in a small cup, but they won’t stay in it for enough to get the highly accurate measurements – to four decimal places – that Mohd Uzair needs for his research. They also won’t stay still for photos or X-rays.
例えば体重を測る時のシンプルな手段として、多くの科学者はヒナを小さなカップに入れたりしますが、それでも彼らはじっとしていてはくれません。Mohd Uzair氏の研究では、小数点第4位の高精度で体重を測ったり、レントゲン写真をとる必要がありますが、暴れられてはこれも叶いません。

全てのカメに応用できる?

The team has now found a trick for putting the baby turtles into a trance to safely study them. Mohd Uzair had noticed that hatchlings will stop moving if placed in a dark container – probably because they rely on visual clues when moving away from their nest.そこで、チームはカメの赤ん坊を一時的な催眠状態にして、安全に研究をする技を編み出しました。Mohd Uzair氏は、ヒナを暗いハコに入れたとき、その動きが止まるのを発見したんです。おそらく、それは彼らが視覚入る光を頼りに巣穴から離れるからだと考えられます。
He also observed that they would stop moving if stacked on top of one another – reminiscent of the Dr Seuss story Yertle The Turtle. This might be because placing turtles on top of each other replicates the pressure they would feel on their bodies from other hatchlings while still in their nest.彼は、カメの上にカメが重なると下のカメが動きを止めるだろうことに気づきました。ドクター・スースの「ヤートル・ザ・タートル」の物語を彷彿とさせる状態です。おそらく、上に位置しているカメの重量を再現すると、彼らはまだ他のヒナとともに巣穴にいるのだと感じるからではないでしょうか。
To imitate these conditions, Mohd Uzair tried flipping turtles onto their backs, closing their eyes and gently pressing on their chests with one finger. And it works – the technique makes baby turtles freeze for an average of 25 seconds, long enough to take precise measurements without harming them.この状況を模擬すべく、Mohd Uzair氏は試しにヒナを裏返しにし、彼らの目を指でそっと押さえてみました。で、それが大成功。この技はおよそ25秒間、ヒナをじっとさせていることができました。これで、彼等を傷つけることなく、精密な身体測定ができるようになったのです。

Mohd Uzair developed this method for his work with green turtles, but he thinks it should work on other species, such as leatherbacks.“All of them show the same behaviours, and rely on the same cues during the nest escape process,” he says.    アオウミガメのために開発されたこの方法は、ほかの種のカメにも応用できるのでは、とMohd Uzair 氏は考えています。「彼らは皆同じ振る舞いを見せます。巣穴脱出のプロセスでは、同じ刺激を頼りにしてるはずですから」と彼は言う。

via : Watch a baby sea turtle being hypnotised so we can weigh it

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。