第三回「TokyoNoel的 四畳半クッキング」- 印度のパニール! –

どうもこんにちわ、サックスとシンセの安達です。先日は六本木VARITにてライブでしたが、お越しくださいました皆様、ありがとうございました。めちゃめちゃお洒落なライブハウスだったので、ここぞとばかりにGt.&Vo. 石井オソンソン氏を撮りまくって遊んでおりました。むー、全員分撮ればよかったですね。とても素敵なところなんですよ!

さてさてそれではですね、今回は印度のチーズ、パニールの簡単レシピをご紹介致します!


パニールとはインドのチーズのことで、毎日の食事に欠かせないくらいのものなのだそうです。カレー屋さんのパンフレットに青菜のカレー『パラックパニール』が紹介されていて、ついつい作りたくなってしまったんですねー。パラックとは、ほうれん草、からし菜などの青菜のことを指すみたいです。びっくりするほど簡単なので、是非ともお試しくださいませ。

image

 

1. 用意するのはこちら。

  • ・塩 小さじ1/8
  • ・レモン果汁 大さじ2
  • ・牛乳 1L

 

 

 

image

 

2. 牛乳と塩を火にかけて沸騰させます。

 

 

 

 

 

image

3. 2が沸騰したらレモン果汁を加えて弱火にします。

 

 

 

 

 

image

4. チーズと水分に分離するまで火にかけます大体15分~20分くらいで分離しました!早いです。あ、これもしや私の嫌いな牛乳暖めたらできる膜の類なのでは・・・。(そもそも牛乳が嫌いです)

 

 

 

 

image

 

5. ガーゼか布巾をザルにセットして濾します。くれぐれも火傷にはお気をつけて。

 

 

 

 

 

image

 

6. 布巾で包んだ上からラップをかけ、重しを乗っけて30分待ちます。ま、まさかこれで終わりとか・・・?

 

 

 

 

 

image

 

7. はい!固まったらもう完成です。とっても簡単でしたね!牛乳1Lって多いのかなぁと思っていたのですが、3、4食分の食事で使い切れそうです。

 

 

 

 

 

はー、まさかこんなに簡単におうちでチーズが作れちゃうとは、私も知らなかったです。甘みを足せばマスカルポーネチーズになり得るのかしら・・・?その暁には、自家製コーヒーリキュールを使ったティラミスのレシピをアップしたいと思います!へへー、得意なんです、ティラミス作るの。

ちょっとチーズのこと調べてみようかな。面白いですね。せっかくなので、パニールを作った本来の目的のカレーも丁寧に調理したいと思います!暑さにへこたれないように、美味しいもの食べて乗り切りましょうー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。