第四回「TokyoNoel的 四畳半クッキング」- パラックパニール ! –

どうも、最近やたらと料理ネタしか書いてませんが、ちゃんと音楽してます安達です。ちょっと個人的なことを言うと、私スコア譜見るのが好きなんです。あのオーケストラとか、ビッグバンドの全部の楽器の楽譜が載っているものなのですが、あれ見てるとドキドキするんですよね。なんででしょ。最近一番好きなのは、カウント・ベーシー・オーケストラの作曲、編曲者のサミー・ネスティコさんの作品です。「Night Flight」って曲のピアノ譜にときめきます・・・っ!またこちらにもMP3などご紹介できればと思います。

前置きが長くなりましたが(しかも前置きじゃないし)、今回は前回ご紹介したパニール(インドチーズ)をトッピングした青菜のカレー、「パラックパニール」をアップ致します。


「パラックパニール」とは、パラック(ほうれん草などの青菜)+パニール(インドの日常的によく食べられているチーズ)を使ったカレーなんです。冒頭にも述べました通り、前回の四畳半クッキングで作ったパニールをトッピングしたいが為に作ってみました。自己流なので、本場のものとは違うかもしれませんが、美味しく出来ましたのでご紹介しちゃいます!

image

 

1.  予め、カレー粉を炒めておきます。わぁ、面倒くさい!でも、このひと手間が大切。香ばしさが増しますよー。チーズと一緒に頂くということで、深めの味がいいかなぁと思ったんです。カレースプーン2杯分くらい。

 

 

 

image

2. これくらいの色になるまで、根気よく炒めます。こまめにヘラで混ぜながら炒めてくださいね。お腹がすく香りがします!

 

 

 

 

image

3. 玉ねぎ1個を粗みじん切りにします。ほうれん草は、灰汁が気になる方は予め茹でておいてください。量はお好みで。あとはニンニク1片のスライスと、鷹の爪1本を輪切りにしたものを用意します。

 

 

 

image

 

4. 油(適量)、ニンニク、鷹の爪を火にかけ、玉ねぎを炒めます。よく飴色になるまでなんて言いますが、そこまでいかずともまぁそれなりに炒めます。よそ見をしていたら、ちょっと焦げ付いてしまいました・・・。

 

 

 

image

5. 玉ねぎがしっかり炒まったら、水300ccほど、ほうれん草を入れて一煮立ち。市販のカレールー2片、チキンコンソメ(個包装)1個を入れ煮溶かします。

 

 

 

 

image

6. 最後に、予め炒めておいたカレー粉を煮溶かして完成です。

 

 

 

 

 

image

 

おまけ1. カレーのトッピングとか、色々試してるのも楽しいです!舞茸が安かったので、塩コショウでソテーしました。あとはミックスナッツがあったので、細かくしてライドン★

 

 

 

 

image

おまけ2. 玄米にかけて食べようって決めてたんです。うちは毎回お米を土鍋で炊いています。美味しいんですよ~!

 

 

 

 

image

 

パニール(チーズ)は熱さで溶けるタイプのものではないので、細かくして乗せてくださいね。カッテージチーズの部類らしいです。私は大きなまま乗せちゃって食べにくかったので(笑)

 

 

 

とにもかくにも、カレーが好きです(笑)本格的なものから家庭的なものまで。今年の目標は、ガラムマサラのペーストを自分で作ること・・・!痛辛いくらいのカレーを作って汗だくで食べるんです。できるかなぁ~。

実はパラックパニールを3食立て続けて食べて尚、次作る夏野菜カレーのレシピを考えております。余程のカレー好きなんでしょうね。その前に、パニールが残っちゃったので、トマトパスタに入れちゃおうかしらね。

さてさて次回の四畳半クッキングは、サングリア(赤)をご紹介致します。もう仕込んじゃったので、明日には飲めるという。楽しみです!3連休最終日、楽しんでまいりましょう。(私は仕事頑張ります!)

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。