タグ別アーカイブ: 技術

【マニアック音声】ソートアルゴリズムの実行過程を動画と音階で表現してみた

整頓大好き、散らかってるとか許せない!っていう性癖を持つお友達がこころ穏やかに気持ちよくなれる、ちょっとマニアックな動画を紹介するよ。ソートアルゴリズムというのはひとくちで言えばバラバラのモノを順番に「ならべかえる」仕組みのこと。例えばマンガの単行本を1巻から最終巻に順番に並べたり、牛乳パックを手前から賞味期限が近い順に陳列したり。にんげんなら何も考えずにできることでも、機械には0から並べ方を教えてあげないとできないから、コンピュータの誕生から現在に至るまで、いろんな並べ方が考案されてきたっていうすんぽう。みんなが持ってる携帯電話のアドレス帳も、ソートアルゴリズムによって50音順やアルファベット順にならべかえられているんだよ。

【わたしが作りました】レトロなダンジョンRPG”魍魎坑道クロニクル”

こんにちわ!TokyoNoelの鈴木です。ワケあって、個人的にiPhone用のアプリを作ってappStoreで売っていたゲームなんですが、このままハードディスクの肥やしにしておくのも勿体ないなあと思って、ちょっとだけゲームバランスを調整してブラウザでも遊べるようにしてみました!お暇なときに、遊んでみてください!スマートフォンやタブレットで見ているお友達は、もしかしたら真っ黒画面で動かないかも!ごめん!

【お、おう・・・】トイレットペーパーを立てて置いても汚れを寄せ付けない画期的な「芯」

よいこのみんなは、トイレットペーパー、もちろん衛生的にストックしてるよね!大事な部分を清潔に保つためのアイテムが汚れていたら、おはなしにならないもの。だから、お兄さんがあたらしいトイレットペーパーの芯のカタチ、考えてくれたみたい。確かにこれなら湿っていたり汚れた床に立てておいても大丈夫。簡単なようで誰も思いつかなかった、シンプルかつ斬新な発想は最高にクール……だと、お、おもうよ!!!うん!

ゆで卵を元に戻す方法

「君は、ゆでた卵を元に戻すことはできないだろう?」不可能である、ということを喩えて、洋画なんかに登場するインテリっぽい男性がそういう言い回しのセリフを使うことがあったりなかったり、するよね。ところがどっこい、2015年1月23日。カリフォルニアのアーバイン大学と西オーストラリア大学の共同研究者によって、熱を加えたりして固まってしまったタンパク質は物理的に二度と元に戻せないんだぜ、みたいな慣用句を覆す技術が発見されたっぽいよ。

決してメチャクチャやっているわけではない。分類不能の超絶技巧バンド

いわゆる技巧派バンドといえば、ライトハンド奏法なんかでピロピロリン、と素早くて美しい旋律のギターソロだったり、そういうのを連想しがち。ある意味、それは正しいんだけれども。アメリカはサクラメントにHellaというギターとドラムふたりだけで構成されたインストバンドがありまして。ライトハンド奏法も取り入れてるんだけど、えーと、アプローチはメタルに近いんですが、なんていうか、もはや彼らに説明は意味を成しません。

さよなら、ユリゲラー。今の時代スプーンは物理学で曲げる

昭和後期。幽霊やらUFOやらUMAやらピラミッドの呪いやらムー大陸やら、そういったものをいい歳こいた大人たちが、大真面目に探し求めていた時代がありました。空前(絶後)のオカルトブームです。毎日のようにオカルト特集番組がテレビで放送される中、スプーンを念力でグニャリと曲げる超能力者が現れたときには、それに憧れた全国の子供達の手によって、日本中のスプーンが力ずくで曲げられてしまったそうです。今日は、スプーンを曲げて超能力の仲間入りしたいお友達のために、誰でも簡単にできるスプーンの曲げかたを紹介します。